炊飯器にある早炊機能について思うこと

だいたいに人は炊飯器を使ってご飯を炊いていると思います。私ももちろんそうです。その炊飯器のメニューの中に、早炊きというのがあるのです。通常の炊飯なら、1時間程度ですが、その半分、30分くらいでご飯を炊いてしまうのです。私は、どれどれって軽い気持ちで、その早炊きメニューのボタンを押して、ご飯を炊いてみました。夕ご飯の支度をしていると、あっという間にできてしまうのです。そのくらい30分という時間はとても短いものなのです。そして、出来上がりは、はっきり言って、通常の炊飯時間で炊いたものとどう違うのかわからないです。ならば、早炊き機能だけでいいのではないかと思うのですが。この機能は、特に、朝、もしご飯のスイッチを入れてなかったら、もしご飯を炊く準備をしてなかったら、という状況に持ってこいです。朝、30分でご飯が炊けるなんて、素晴らしいのです。炊き上がりが変わらないのなら、いつも早炊きのスイッチでいいと思っているのですが、本当はものすごい何か違いでもあるのでしょうか?私は、ご飯を30分で炊くというのは常識でいいと思っています。町田にヒゲ脱毛ができるクリニックがあります